現在の位置: トップページ > 霊山観光

霊山勝境の概況

霊山勝境は、上海と南京の間にある文化名城無錫に位置し、規模が大きい、独自の特色を持つ仏教文化テーマパークである。中国観光の有名なブランドとして、すでに無錫観光のシンボルとなって、華東地区観光コースのスポット、国内外に名声を聞く仏教文化の有名な観光地となりました。毎年世界各地からの200万近くの観光客が訪れます。


 霊山勝境は、1994年に着工され、世界で最も高くて大きい釈迦牟尼の青銅立像「霊山大仏」、千年の古刹「祥符禅寺」、大型音楽噴水ショーである動的な彫像「九龍灌浴」と霊山梵宮など多くの仏教文化の逸品景観で構成されています。


高さ88メートルの霊山大仏は、霊山勝境のシンボル的な景観で、大洋対岸の自由の女神像に比べ42メートルも高く、現在世界で最も高くて大きい釈迦牟尼の露天青銅の立像である。雄壮偉大で荘厳な霊山大仏は無錫太湖浜に位置して、最も山水の美を集め、東方の仏教伝統文化の風格と趣を表しています。気勢の高い霊山梵宮は、建築面積は7万数平方メートルに達し、独創的に伝統文化の元素を鮮明な時代の特徴と解け合って、世界仏教フォーラムの開催地、芸術のホール、観光の奇観を一身に集まりました。梵宮と遠くから相呼応する五印壇城は、厳かで超然としていて、周りを香水海に囲まれ、チベット仏教の文化芸術の精華の抽出と再現で、漢地仏教とチベット仏教文化の法乳同源の調和と融合したことが現れました。


 大仏の足もとには、仏教と人文の景観が至る所にある:九龍灌浴、五智門、アショーカ王の柱、千年の古刹祥符禅寺などはすべて仏教文化の逸品の景観である。その中、大迫力の文化景観は世界の一流を称する、国内唯一の大型音楽噴水ショーである動的な彫像「九龍灌浴」で、生き生きと仏教のクラシック中に釈迦牟尼が誕生する時 「花が咲いて仏陀に会う」の神聖で広大なシーンを再現しました。絶妙なアイデア、揺り動かすシーンは観賞者が見にふけって帰るのを忘れさせます。大型音楽盛典『霊山吉祥頌』は完璧な音響、照明、電飾などの多種の形式を通して、釈迦牟尼が智者、覚者になる道が演繹され、観光客にいつまでも忘れ難い印象を残させます。


 霊山勝境は、古代の東方文化と現代文明を一身に集められ、広くて奥深