現在の位置: トップページ > 霊山観光 > 禅/禅修会議ビジネス
禅/禅修会議ビジネス
  • 霊山禅修
  • 会議サービス

禅修の文化内包
 禅修は、身と心の対話である。練習を通じて、私達の上調子な悩みの心をゆっくりと取り戻して、安定させ、身と心を一つにさせます。疲れきっている身心はリラックスして、休ませ、落ち着いている喜びは自然に発生してきます。禅修は、心の訓練で、私達に身心に対して更にはっきりしている理解があらせて、そして掌握していきます。自性の知恵の光明からはっきりと現れて、万象に照り映えます……
 身心を調和させ、悩みを除去させ、心を清め、知恵を開き、喜楽自在、社会に貢献する。

朝のイベント
(毎週土、日 7:00―8:30)
朝山礼仏
 朝山とは、元は仏教の信者が聖山寺廟に参詣し、懺悔をし、無病息災を祈り、発願または還願という朝礼行為である。
 礼仏とは、仏陀に五体投地の礼をして、俗称の「仏像に礼拝する」である。即ち、特定の儀式、形態で敬意を表現する一つの「行為の言語」であり、仏教の基礎の修行する方法の一つである。自身の傲慢に降服することに役立つ、賢人を見習う志を養って、懺悔をし、福意を受けます。

昼のイベント
(毎日11:30―12:00 予約要)
過堂
 中国に伝来した仏教の独特の儀式で、仏門の中で「食事をとる」ことを「過堂」と呼び、仏教の考え方と儀式を一つにしたものとされています。寺院が毎日朝、昼に二回「過堂」を行い、「食事する」ことは重要な修行方法の一つだと見なして、僧団生活の中で重要な地位を占め、仏教思想と伝統儀礼の融合と統一である。精神を集中することを育成し、感謝と幸せを大切にする気持ちを育成していきます。バランスの取れた食事をして、低い炭素の環境保護に心付けます。身心に一つ健康で、静かな時間をあげます。


夜のイベント
(毎晩19:30-20:30 いずれかを選択)
座禅
   禅は、サンスクリットから「禅那」を音訳した略称である。思惟修・静慮とも訳します。坐禅を基本的な修行形態とするが、坐禅そのものは古くから仏教の基本的実践の重要な徳目である。禅の根本は「心」にあり、元来形式に限りません。座禅を通して、身心を調和させ、疾病を治療します。悩みを解消し、静楽を得られます。知恵を開き、喜楽は自在。

夜のイベント
(毎晩19:30-20:30 いずれかを選択)
浄心写経
   経文を書写すること。仏典の保存や仏典書写による功徳などを目的とする。仏教の経文は、仏陀の知恵の現れることで、千年に渡って広く伝わってきて、一字一字が珠玉のごとく麗しくて、恭しくて敬虔に一心に引き写して、一筆一画を集中する中で、内心の知恵の扉を開きます。静心、修心。用心で一句の心経を書き写します。静心で一種の知恵を探します。清心で敬虔に仏法を広めることができます。

ご予約:0510-85683703  ファックス:0510-85689303

(1)霊山精舎会議ビジネス
   霊山精舎に3つの異なる規格の会議ホールが設けられて、1階の会議室は13人、2階の和心庁は40人、最大の会議ホールである会心堂は100人を収容することができ、禅修のイベント或はその他の会議イベントを行うことができます。


   会議ホールの環境は優雅で、独特の禅味と風格があります。すべて先進的なデジタル設備を配備して、万全な専門会議サービスを提供しており、企業が各類中小型の会議と育成訓練を行われるには理想的な場所である。


(2)霊山梵宮会議ビジネスセンター
   霊山梵宮会議ビジネスセンターは、国内一流の霊山梵宮会議および展示会場を運営しています。各タイプの会議室は10数室(収容人数が10人から1000人まで)があります。よく整っている会議施設は、ビジネス会議、記者会見、貴賓の接待、取引先への贈答会、企業誘致と商品の注文、研究討論及び育成訓練など各類会議の需要が満たされます。お客様に上質なサービスを提供する同時に、会議、展覧の全体の問い合わせ、スタッフの受付手配と会場の装飾、設計、工事などのサービスを受け付けます。会議画策、会場施設、会議サービスを一体化にする業務として、全方位、総合的な専門会議ビジネスのサービスを提供します。
 

お問い合わせ:0510-85683777